店長・重政の読書日記

本屋ほど楽しい商売はない。これで儲かれば最高。でも世の中そんなに甘くない。

ホームページ一言メッセージ他の日記を読むバックナンバー一覧に戻る

電算化・改装→活性化。 2007,8,26
朝早くから長男が通う小学校の学校清掃。深さが1m以上ある排水が溜まるマスの泥上げに燃えた。
まだ痛くないけど明日は筋肉痛が確実に待っている。

図書館はあと、標示POPのようなものを作って児童が本を選びやすくすれば完璧というとこまできました。
他所を知らずに言うのだけど、普通教室X1.5の広さで1クラスの児童が座れる机とイスがあって蔵書が1万冊近くある図書館としてはレイアウト的にもなかなかのものになったと思う。
新たに購入してもらった書棚も値段のわりにはとても良い作り、重量感もある。これに有名メーカーのシールが貼られたら3割ぐらい高くなるのだから、物がいいのは当たり前かな。

ここで得させてもらったノウハウを元に、電算化・レイアウト変更・選書のアドバイスまで、トータルに提案営業できるよう頑張ってみたいと思ってます。


改造好き。 2007,8,25
つまらん事で腹を立てて、床に投げつけるという愚行の結果、機種変更してから4ヶ月ぐらいしか経ってない携帯を壊してしまった。
ドコモショップで別のに替えるとビックリするぐらい高い値段をいうので、ネットで白ロムというのを買うことにして、昨日代引きで注文したら今日には届いた。
FOMAというのになってから、そういうことができるようになっていたらしい。近いうちに変わるらしい携帯ビジネスの不可解な料金システムのおかげで、通信機器+簡単なデジカメ+音楽プレーヤーにもなるらしい物が制約とかは全くなしに15,000円ほどで買えた。何個も持って使い分ける人もいると言うのに納得。

三菱の画面がそれなりに大きいのに薄くて軽いストレートと言われる懐かしいタイプのにしたら縦横は結構大きくてポケットには収まりが悪い。
で、店にあった名札のクリップの部分を強力両面テープで付けてみると、結構いい感じ。
これで胸ポケットに幅広の筆記具のようにさしておけると思うのだけど。

完治近し。 2007,8,24
ほんの少しだけ口笛で音がでるようになってきました。
もともと上手くはないのですけど、ひどい時は口をすぼめるということが左側は全くできませんでしたから。
毎日1舒焚爾涼碓未念貪抻爐鵑誠牲个復活するというのが、今私の顔の内側で起こっているらしいです。生き物の身体の仕組みというのは不思議ですね。
          
             一番ひどい時は眉毛がこんなんだったんですよ。 
                           
                                  ↓こっちが麻痺した側

時事ニュースネタ。 2007,8,23
参院選の結果を受けてのものか、社会的弱者の悲鳴ともいえる声が大きくなって無視できなくなってきたからか、最近流れがかわってきたのかもというニュースが多いいですね。

人材派遣会社のピンはねを返せと派遣スタッフと呼ばれる人たちが集団控訴したというニュースは、なんでもっと早くに厚生労働省が是正指導しなかったんだろうという話でもあるし、それをいうと99年の派遣労働法の業種拡大自体が間違いだったんじゃないのと言いたくもなるのだけど。
データ装備料というのをやめたところで、派遣会社の取り分が法で規制されてるわけでもないようだから、紹介料というのかピンはね本体が増えるだけなんじゃないかな。
それでも緩和以前に戻すと、派遣でしか職に就けない人が困窮するからできないという理屈になるんでしょうか。


ぜんぜん関係ない話ですが、赤ちゃんポストに不法滞在の外国人の子供と思われる赤ちゃんが預けられても同じ対応がとられるのか、という疑問が頭に浮かんで気になってます。それで5年後に両親が名乗り出たらどうするんだろうとか。
愛情を注いでもらえなかったり抹殺される可能性もある幼い命が救われることに異論はないのですけど。

夏の終わり。 2007,8,20
残暑と呼ぶのにも無理があるような暑い日がまだまだ続くようですが、
店のレジにいて21時08分、この瞬間夏の終りを感じました。

吹き抜けにとまっていたらしいツクツク法師が頭上2mぐらいとこで大音量で鳴きだすんだもん。
梁の陰にいるのか姿は見えないのだけど、いくら鳴こうとメスとめぐり逢えるはずもない蝉の声の果敢なさに夏の終わりを。

ほとんどお客さんのいない店内に大音量のツクツク法師の声が響くというのは、うるさいのだけど、こっちまで儚い気分になってきますね。

果敢ない と 儚い に使い分けはあるんでしょうか。広辞苑で調べてもようわからんのですが。

盆休みのお知らせ。 2007,8,11
今年も郊外型にもみえる本屋としては許されない盆休みをとらせて頂きます。
開けても普段程も売れない店なもんで。完全に休日にわざわざ行く店ではなくなってしまった。頭が痛い。

定休日の12日(日)と13日(月)・14日(火)を休みます。15日(水)は平常どおり9時開店です。
ご迷惑をかけるお客様、申し訳ございません。

見違えるように。 2007,8,10
小学校図書館の電算化及び全面改装ともいえる作業が今日でほぼ終わりました。

あとは、学校中の本をかき集めたら棚が足りなくなったので新たに買ってもらった書架が届いてから本の移動をするだけ。作業前とは見違えるような図書館になりそう。

ほんと達成感のある気持ちいい仕事をさせてもらえました。

書架も物が確かで安いものを探したら、有名メーカーのOEMをしてる九州の製造元から直接買えるルートを見つけれて、今後得意な扱い品目にできそう。
(学校関係・同業者の皆様へ、紹介しますよ。)

どのジャンルの本が足りないということまで把握できましたから、的確な選書のアドバイスができるようにもっと勉強しなくてはいけない、と思ったりしてます。
そのためには、いつも読ませていただいているkoyateruさんのブログ・毎日読み聞かせが役に立ってくれそう。

大きな病院の不思議。 2007,8,9
茹だるような暑い日が続いてますね。
天気の週間予報をみてもずっと晴れマークで最高気温も34度ぐらい。お盆が開けて次の台風が来るまでは、この暑さが続くのでしょうか。

今日、2週間ぶりに病院に行ったら先生が、「治ってきてますね。」言ってくれました。まだ完治とはいきませんが、よかった、よかったです。

福山医療センターで不思議に思ったことですが、私には院内処方で薬を出してくれるんですよ。どうやら最初に行ったのが日曜日で救急扱いだったからのようで、最初そうだとその後の通院もずっと同じ扱いになるようなんです。
楽なのは嬉しいのですが、なんか贔屓されてるようで変なんですが、なんでなんでしょう。