◆ 懐かしい神辺の風景です、お楽しみください。 ◆
■紅葉山の山頂より片山方面を臨む
昭和10年頃(重政栄一撮影)神辺小学校の校舎で現存するものはないですが、昭和41年生まれの私が1年生の時に学んだ校舎は写っています。
神辺駅から片山の間は田んぼしかない。唯一あるのは一昨年ぐらいまであった服部さんの家のみ。
平成14年冬(写真右・長谷川克己撮影)と比べると70年間の発展がよくわかりますが、あぜ道が太くなっただけの道を見ると、区画整理の必要性も感じてしまう。ちなみに右下に見える白い屋根の建物が、萬生堂の旧店舗です。
■紅葉山の山頂より現役場方面を臨む
昭和10年頃(当時販売していた絵葉書の写真より)こちらの写真は高屋川から北側の家の少なさがよくわかります。元の江木医院の建物は今でもあります。
当時、中学校は神辺高校と同じ敷地にありました。右下の畑は神辺高校の学校農園。
平成14年冬(写真右・長谷川克己撮影)と比べると川から南側の住宅の密集度にあまり差がないことがわかります。戦前のほうが今より人口が多かったかも。
■神辺駅前交差点付近(昭和38年頃)
国道313を通す工事が始まった頃の写真です。足場が組まれ、屋根の上に作業している人が見えるのは田中弘政さんの家で、国道の為に家引きして今の場所に移ったそうです。
国道ができる前は、駅から降りた人の多くが、昔の萬生堂の前を歩いていたんだろうな。今の風景(写真右)と比べても、現存している右側の家で、辛うじて同じ場所だとわかるくらいです。
■昭和天皇が神辺に来られた時の写真
(昭和23年頃)
後ろに写っているのは神辺小学校の昔の講堂。私にも懐かしいです。
■神辺高校での教科書販売の風景
(昭和28年頃)
電卓ではなく五玉の算盤が時代を感じさせます。
売っているのは私の祖父と父親です。


TOP営業内容本の検索パソコンソフト|| オフィスパートナー読書日記読書日記バックナンバー神辺今昔リンク


■721-2124 広島県深安郡神辺町川南3160−1 ■交通手段 JR福塩線神辺駅より徒歩3分 国道313号線沿い
■電話 084-962-0048 ■FAX 084-962-1390 ■E-mail info@manseido.co.jp
■休日 毎月第二日曜日/ 1/1,2,3 1/11、2/8、3/14、5/9、6/13です。 
■営業時間  9:00 〜 22:00 日曜・祝日は10時開店です。
Copyright (C) manseido Inc. 2002